東京ストーリーブログ

過去のイベント
スタッフブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 婚活で出会い、恋愛に発展したが失敗に終わった人の体験談
既婚者サークル 東京ストーリー 飲み会

婚活で出会い、恋愛に発展したが失敗に終わった人の体験談

人生はトライ&エラーとはいうものの自分がやらかすのは嫌なものです。
そんな時は人の失敗を見て学びましょう。
婚活での失敗談をまとめてみました。

・男性にダメ出ししてプライドをズタズタにしてしまった…。
38歳の女です。
20代後半の男性と婚活でいい感じになりました。
久しぶりの年下男性とのお付き合いに舞い上がり、私好みの男に育てなきゃなんて思ってしまった結果…
説教臭いオバサンになっていってしまいました。
決定打だったのがデートでカラオケに行った時の事。
私が10分近い曲を入れると彼は2曲連続で5分位の曲を入れてくる。
彼は基本的に奢ってくれる人だったので、お金を出すのなら同じ時間歌わなきゃ損!みたいな気持ちになったのでしょう。
私はそこにセコさみたいなのを感じてお説教してしまったんです。
「なんで女性を楽しませようという気が無い訳?!」的な事を言った気がします。
その場では彼は謝ってくれたのですが、解散後に長文で不満LINEがきました。
冷静になって考えるとダメ出しばかりしていた私は彼の男としてのプライドをずたずたにしてしまったことでしょう…。
勿体ないことしたなーと今でも後悔しています。
(当時の年齢は35歳)

・友情にヒビを入れた
婚活は一人に絞るべきではない!という考えを持っています。
ちまちま一人と付き合っていては結婚できる時期がどんどん遅くなります。
なので複数と仮のお付き合いをして一番結婚に向いている人を選ぼうとしていました。
近所の婚活イベントに参加しまくって、いいなと思う男性が2人できました(以下、A男とB男にします)
どちらともお付き合いをしていたのですが、実はその2人友人同士だったのです。
A男に友人を紹介したいと言われ、呼ばれた人はお付き合いしているB男。
気まずくなりどちらとも連絡を絶ったのですが友情にヒビを入れてしまったのではないかと心配しています。
(35歳女性)

・お金のことしか頭になかった
40代が近づいて焦りまくっていました。
もう誰でもいいやとこれまで守備範囲外だったオジサマにも目を向けるようになりました。
しかし好みではないせいか私の頭の中はお金一色。
イベントでは年収しか見ておらず、デートの時は奢ってくれるかプレゼントをくれるか重視に。
ふと我に返った瞬間「相手を人間として見ていないな」と虚しくなりました。
40を越えたら諦めがついたのか、人格を尊重できる人と出逢えたらいいなと落ち着いて考えられるようになりました。
(42歳女性)

・重い女になっていた
いち早く結婚したい!
そう思うとデートの時間とかが勿体なく思えてしかたありませんでした。
なので1回目のデートの終わりに必ず「結婚する気があるの?!ないの?!」とストレートに相手に聞いてました…。
相手からしたら必死すぎて重かったと思います。
(29歳女性)

既婚者サークル・東京ストーリー

関連記事

サークル 東京 合コン イベント